お腹に効く!簡単ウエストエクササイズ

食欲の秋とも称される程に美味しいものが多い秋、あれも美味しいこれも美味しいと食べるのも良いですが気づけばお腹周りに脂肪が付いてしまって太ってしまった。というのも気を付けたいですよね。
ここでは簡単にできるエクササイズをお話ししていきます。 ぜひ参考にして楽しんでエクササイズに取り入れてみてくださいね。

引き締まり実感!寝る前にぴったり寝ながらエクササイズ

  • 仰向けに寝て両手を自然に広げます。
  • 両足を揃えたままゆっくりと上に上げます。
  • 両足を揃えて、そのまま右方向にゆっくりと倒していき、床につく手前すれすれで止めます。
  • 脚を真ん中にゆっくりと戻したら、左側も同じようにします。

左右で1セットとします。最初は1セットだけでも良いですが慣れていったら回数を増やしていきましょう。
普段使われていない筋肉が使われていると実感できます。寝る前の5分前にこのエクササイズをする習慣をつけるとお風呂上がりで暖まっている身体なのでエクササイズをして効果が一番出やすい状況でできるエクササイズの1つです。

立ったままできる簡単エクササイズで、お腹周りスッキリ

  • 脚は肩幅に広げましょう
  • 手を胸の前にもってきて合わせ、下半身を動かさないように上半身だけ右方向へ捻ります
  • ゆっくり真ん中に戻したら左も同様にします。

これも左右で1セットです。1回に10セットしましょう。簡単なのでふと気づいたときやお手洗いにたったときにするのもオススメです。

腹式呼吸を利用したドローインで、くびれと再会

ドローインとはあまり聞きなれないですよね、これは呼吸を利用して筋肉に働きかけるエクササイズです。

  • 姿勢良く立ちます
  • 息を鼻から吸うようにしてお腹を膨らませます。
  • 息を口からゆっくりと吐きながらお腹がへこむようにします。
  • 呼吸は止めなくてもいいので、一番へこんだ所で30秒キープさせます。

これを1日10回行います。日中できなかったら寝ながらもできます。その時は膝を90度に曲げて行います。
ウエストにある筋肉は3種類あります。それぞれがウエストをコルセットのようにおおっているので、エクササイズをしながらこの筋肉を鍛えます。そうすることで自然と姿勢が良くなります。ウエストがたるんでいる人は猫背になっていることが多いのは、この三種類の筋肉が鍛えられていないからです。姿勢をよくするとお腹周りの脂肪もタテのラインに引き上げられるのでたるみを防ぐ効果もありますよ。

また、呼吸は口からではなく鼻からするように心がけましょう。鼻から息をすると自然とお腹を膨らませたりへこませたりします。ドローインエクササイズはこれを意図的にすることでウエストラインを鍛えます。
他にも、信号待ちや待ち合わせをしたりするときなどちょっとした空き時間などには、自分で意識して姿勢を正すとお腹がへこんだ状態になります。
顎を引いて胸を張り、お腹をへこます。この3つを意識して行うだけでもウエストラインが鍛えられます。それに、はたから見ても姿勢良く見えるので自信に満ちてキレイに見えます。

エクササイズをするのと同時に気を付けること

いくらエクササイズをしても体内が冷えているといみがありませんし、過食をしても意味がありません。なので、冷え性対策をすることも重要です。
例えば、朝は生姜入りの野菜スープなどを飲んで体内から暖めたりするのも1つの手段です。朝から作るのが大変なときは前日に作るとしっかりと味が染み込んだ美味しいスープになります。
他にも食べすぎないように腹八分目までにしたりすることでエクササイズの効果を向上させることができます。

ながらエクササイズをするときは、少しの意識で効果大!

家事や仕事をしながらエクササイズをするときは、ウエストラインを捻られるところはしっかりと捻りましょう。それも勢いをつけて捻るのではなく、ゆっくりと捻ることが重要です。
例えば、食器洗いをするときや洗濯物などは、ながらエクササイズにちょうどいい家事だといえます。しっかりとウエストラインを気にして身体に過度な負担がかからない程度に捻りましょう。
仕事も息抜きをするときに、椅子に座りながらゆっくりと捻ることでもエクササイズになります。どちらも呼吸の仕方に気を付けましょう。ゆっくりと息を吸って捻り、少し止めてからまたゆっくり息を吐きながらもとに戻すのが重要です。
こういうちょっとしたことを積み重ねていくとキレイなウエストラインを手にいれることができますよ。

まとめ

秋や冬は美味しいものが多い上にゆったりとした服装が多くなっていくので、ウエストラインに対する危機感が薄くなりがちです。
しかし、この季節だからこそウエストラインに対するエクササイズをしっかりとすることで、春や夏になって薄着になっても焦らなくてすみます。

それに、秋冬だからこそエクササイズをする補助として、温かいものを食べることで冷え性対策にもなります。冷え性はエクササイズをする上で天敵ともいえます。
なぜならエクササイズで身体の脂肪を燃焼させようにも、冷え性であれば脂肪の燃焼ができないからです。なので、エクササイズをしながら冷え性対策をしっかりと講じてください。
エクササイズをするとき以外のときも鼻から呼吸するように意識しているとエクササイズをするときに呼吸が楽にできます。普段から腹式呼吸をしてウエストの筋肉を刺激していきましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る